茨木市の歯医者(歯科医院)「みやの矯正・小児歯科クリニック」の子供の矯正治療について。

茨木市駅より徒歩2分 連携駐車場あり

ご予約・問い合わせ072-625-8898

診療時間
9:00-12:30/14:00-18:00休診日 木曜・祝日

子供の矯正治療

Child orthodontics子供の矯正治療(小児矯正)

きれいな歯並びでとびきりの笑顔に
お子様への矯正治療は最高のプレゼント

子供の矯正治療の適切な時期

乳歯列期(3歳半~5歳)

乳歯列期(3歳半~5歳)

乳歯列期に矯正治療を開始することは一般的ではありません。ただ、乳歯列期の歯並びの異常をそのまま放っておくと将来的に骨格的な「ズレ」や「ゆがみ」を引き起こすような咬み合わせに関しては、乳歯列期から治療を開始します。
具体的には反対咬合(うけ口)や交叉咬合(奥歯の左右のズレ)が治療の対象となります。早くても本人の協力性が得られる3 歳半ぐらいからになります。

乳歯列期の治療について詳しくはこちら

小学校低学年~小学校中学年

小学校低学年~小学校中学年

多くの歯並びは、上下の前歯が永久歯に生え変わり、6歳臼歯が生えてくる混合歯列期に早期治療を開始します。この時期に上下の顎骨のバランスや歯と顎骨の大きさのバランスをできる限り整えておくことで、永久歯列の矯正治療が不必要となることも多く、また本格矯正を行う場合も治療が容易になり、治療の選択肢が広がります。主に急速拡大装置やヘッドギア、フェイスマスクなどを使用します。

混合歯列前期の治療について
詳しくはこちら

小学校高学年

小学校高学年

残りの乳歯が交換時期となり、永久歯(犬歯や小臼歯)への生え変わりが始まります。この時期から始める場合は、本格矯正を前提とした準備期間となります。中学生から始める場合と比較して成長を利用した治療が可能となるため治療の選択肢は増えますが、トータルの管理期間は長くなる傾向にあります。受験や習い事なども考慮しスタート時期を決めます。

永久歯列期の治療について
詳しくはこちら

中学生

中学生

すべての乳歯が生え変わり、永久歯列期になると本格的に全ての歯を動かし、矯正治療を行う時期となります。手術を併用する外科矯正以外、成長が残っている時期に治療を行う方が有利な場合が多いです。骨格の状態・歯の並び方・口元の突出感・癖などを総合的に判断し、治療方法や使用する装置、抜歯の必要性などを決定します。

大人の矯正治療について詳しくはこちら

子供の矯正治療に使用する装置

お子様は生え変わりもあり、口腔内の状態により使えない装置もあります。 お子様の噛み合わせの状態によって最適な装置を使用し、なるべくお子様に負担 の少ない矯正装置をご提案いたします。 寝る間だけの取り外しができる装置で簡単に治りますよと言えるのはごくわずか の限られた方のみです。なんのために、いつまで、どのような装置を使用するの かご理解頂いてから治療を開始いたします。

子供の矯正治療に使用する装置の一例
上顎急速拡大装置 上顎急速拡大装置 上顎歯列拡大装置
クワドヘリックス
下顎歯列拡大装置
バイヘリックス
上顎急速拡大装置 上顎急速拡大装置 上顎歯列拡大装置クワドヘリックス 下顎歯列拡大装置バイヘリックス

※表は左右にスクロールして確認することができます。

床拡大装置 咬合斜面板 ヘッドギア フェイスマスク
上顎骨前方牽引装置
床拡大装置 咬合斜面板 ヘッドギア フェイスマスク上顎骨前方牽引装置

※表は左右にスクロールして確認することができます。

埋伏歯牽引用ナンスのホールディングアーチ 舌癖防止用タングクリブ チューイングブラシ 口腔筋機能訓練装置
埋伏歯牽引用ナンスのホールディングアーチ 舌癖防止用タングクリブ チューイングブラシ 口腔筋機能訓練装置

※表は左右にスクロールして確認することができます。

子供の矯正治療のメリット

①適応能力が高い。後戻りのリスクも軽減。

①適応能力が高い。後戻りのリスクも軽減。

個人差はありますが子供は大人に比べて適応能力が高いので、矯正装置にも早く慣れることができます。痛みも大人の方に比べると軽度であることが多いようです。
治療後の咬み合わせに関しても、歯や歯茎、筋肉などが適応する能力も高く、矯正治療後の後戻りも少ないと言われています。

②成長期にしかできない治療

②成長期にしかできない治療

顎が狭い方に対して行う急速拡大治療や、受け口の方に対する上顎骨前方牽引治療、出っ歯の方への上顎骨の成長抑制治療などは、子供の時期しかできない治療です。
矯正治療は治療のゴールの設定により多岐にわたるため、将来的な治療計画の選択肢を増やすという意味でも、子供の頃の矯正治療はメリットが大きいといえます。

③機能的な改善がしやすい

③機能的な改善がしやすい

指しゃぶりや舌の癖、唇を噛む癖などは、歯並びだけではなく発音や食べ物の食べ方・飲み方に大きく影響を及ぼします。 できるだけ早期に癖を改善することで、正しいお口の周りの筋肉や舌の動きの習得が可能となります。

子供の矯正治療のデメリット

①治療期間が長くなる

①治療期間が長くなる

最終段階の矯正治療にすすまれる場合は、永久歯に生えそろってから装置を付け、約2年はかかります。また、Ⅰ期治療のみ行った場合も、成長が終わる15歳前後まで経過を観察する必要があるため、矯正期間が長くなる傾向にあります。

②協力性が大切

②協力性が大切

小児矯正に使用する装置は、家庭で患者さん本人に装着してもらうタイプのものも多く、患者さん本人が治療に協力的でない場合には良い治療結果が出にくくなることがあります。
しかし、保護者の方の管理が行いやすいのは子供の矯正のメリットであるとも言えます。

③むし歯の問題、食事の制限

③むし歯の問題、食事の制限

装置を使用していると、通常よりもむし歯になりやすくなります。また装置が壊れてしまう粘着性の高いおもちやガムなど食事内容に制限がでてきてしまいます。

to top