幼稚園児・保育園児・未就学児で早期に開始すべき歯並び

茨木市駅より徒歩2分 連携駐車場あり

ご予約・問い合わせ072-625-8898

診療時間
9:00-12:30/14:00-18:00休診日 木曜・祝日

幼稚園児・保育園児・未就学児で早期に開始すべき歯並び

Blog最新記事

幼稚園児・保育園児・未就学児で早期に開始すべき歯並び

こんにちは、大阪の阪急茨木市駅前のみやの矯正・小児歯科クリニックです。

乳歯列期の矯正治療についてお問い合わせが多いので、今回は「幼稚園児・保育園児・未就学児で早期に開始すべき歯並び」をテーマにしたいと思います。

 

乳歯列期(0歳~6歳)に矯正治療を行うのは一般的なの?

乳歯列期に矯正治療を開始することは一般的ではありません。

ただ、乳歯列期の歯並びの異常をそのまま放っておくと将来的に骨格的な「ズレ」や「ゆがみ」を引き起こすような噛み合わせに関しては、乳歯列期から治療を開始します。

 

乳歯列で歯並びを治療するのはどんな噛み合わせ?

反対咬合(受け口)や交叉咬合(奥歯の左右のズレ)が治療の対象となります。

しかし、受け口や交叉咬合といってもみなさん同じ状態ではありません。一人一人原因も違えば治療方法や治療のタイミングも異なります。しっかりと検査を行い、診断することが大切です。検査や流れはこちらを参照してください.

3歳から6歳にあたる、幼稚園児・保育園児・未就学児で早期に開始すべき歯並びとして5症例があげられます。専門的には「歯性反対咬合」「骨格性反対咬合」「臼歯部交叉咬合」「前臼歯部交叉咬合」「片側性反対咬合」と言います。

これらは矯正医でなくてもぱっとみただけで問題があることは容易にわかるため3歳児検診などでもチェックが付きやすい歯並びです。しかし具体的な問題点がどこにあるのかは矯正医でも検査しないとわかりません。ですので小さなお子様に対しても必ず検査・資料採得を行い、診断を行います。早ければ3歳半くらいになれば開始していきます。年齢的には治療適応であってもこれらの検査ができない場合は、年齢が上がり協力性が得られるまで様子を見ることとなります。

 

それぞれの歯並びの治療方法

治療方法の具体的な方法などはこちらを参照してください。

ホームページに記載している症例は一例であり、患者様の状態により治療方法や期間も大きく異なります。お子様が上記症例と似たような歯並びの場合は、矯正医へ相談されることお勧めいたします。

 

1例目:歯性反対咬合

 

2例目:骨格性反対咬合

 

3例目:臼歯部交叉咬合

 

4例目:前臼歯部交叉咬合

 

5例目:片側性反対咬合

 

他院ではマウスピースで治すと言われた

「他院で経過観察と言われた。」「他院でマウスピースで治すと言われた。」

検査を行い、矯正治療を専門とする先生が今は治療が必要がないもしくはマウスピースで治療が可能と判断されているようであれば問題ないと思います。一方で、検査もせず楽観的希望的観測で経過観察と言われているケースや、受け口=プレオルソやムーシールドといった既製品のマウスピース矯正治療といった一辺倒な治療を勧められている場合には、当院では検査を行うことを推奨しています。

 

歯科医院選びの重要性

矯正治療は長い年月のお付き合いとなります。トラブルや不信感が一度生まれてしまった状態でずっと治療を受け続けるのは大変だと思います。治療を受ける歯科医院を選ばれる際には費用や立地も大きな要因ではあると思いますが、治療方針や先生、スタッフとの相性も非常に大切だと思います。矯正治療を開始してしまう前に様々な観点で見られたうえで、歯科医院を選ばれるほうが良いでしょう。

 

お子さんの生え変わりや歯並びのことなど、ご不安な点や、気になる点があれば一度ご相談ください。茨木だけでなく、北摂エリアからお越しいただいております。

矯正治療に特化したむし歯治療やクリーニングもできる歯科医院

みやの矯正・小児歯科クリニック

大阪府茨木市別院町4-15 別院町・掛谷第6ビル1F

to top